顔のむくみは病気のサイン??


 チェック! パンパンにむくんで太くなってしまった。。。
鏡を見るのがホントに嫌です。。。
立ち仕事、座りっぱなし、翌朝、むくみに悩まされているあなたへ

そのお悩みコレで解決します!
朝起きても、仕事終わりの夕方も、『すごい!』を実感!!

初めての方でも安心の30日間返金保証は自信の証!!

↓↓↓ 公式サイトは下記画像をクリック! ↓↓↓

顔のむくみは病気のサイン??

顔,むくみ,病気


顔がむくむ原因はこちらで記載しました。

  • 余分な水分が溜まっている
  • 内臓機能が低下している

と主に2つが原因です。
この2つの原因は『むくんでいる時間の長さ』でどちらか判断できます。

朝起きて顔がむくんでいても、お昼頃には解消されていれば
余分な水分、老廃物が溜まっていた事が原因です。

しかし、夕方、夜まで顔のむくみが続く場合は、病気のサインかもしれません。
また、むくんでいる箇所を押しても戻らなかったり、他の部分に痛みが残ったり、
血尿がでたり、疲労がとれなかったりする場合には特に注意が必要です。


万が一、当てはまる方はすぐに病院へ行き診察を受ける事をおすすめします。


では、顔のむくみから疑われる病気にはどんなものがあるのでしょうか?

腎臓病

ざっくばらんに腎臓病としましたが、手や足、顔のむくみが発生し、血尿やタンパク尿がある場合には

ネフローゼ症候群
(腎臓の主要組織であるネフロンに異常が発生する病気。)

である可能性があります。

風邪をひいた後などに、手脚の浮腫に血圧の上昇などが見られる場合には

急性糸球体腎炎

の可能性があります。

これらどちらも病院の適切な処置と安静にして食事制限をすることで治りますが、
慢性化したり、糖尿病と併発すると「慢性腎不全」や「糖尿病性腎腎症」などになる可能性があるので要注意です。

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌が低下する病気です。
男性に比べ、女性の方が圧倒的に多い症状で、40代以上の女性では軽度なものも含めると5%程度にみられるそうです。

上大静脈症候群

頭や腕の静脈血を右心房にもどす上大整脈が閉塞や圧迫によって狭くなってしまう病気で、
静脈が心臓まで戻らずに還流障害を起こしてしまいます。
一方で心臓は血液を送り込んでくるので、頭や腕に血がたまってうっ血し、やがて頭や腕がむくんでくるでしょう。

肺がんになったときに現れやすい病気で、肺がんが原因であることが非常に多くあります。

以上の様に、顔のむくみは腎臓や血液などの病気のサインである可能性があります。
また、顔以外の足や腕のむくみなども注意しましょう。

大事に至る前に、少しでも普段と違いおかしいと思ったら病院での検査を受けられることをおすすめします。